ブラックメタル主体の独り同人サークルLe Mort Soleilのblog…なんだけど大部分は個人blog的な
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1年近く付属のケーブルを断線したまま放っていたので、思い立ったが吉日と自作してみました。
とりあえず備忘録的に作業内容を残しておきます。
材料は以下のとおりです。
・ケーブル:
  24AWG Pure Stranded Silver Plated 7N Cryo Treated UP - OCC Copper wire
  長さ16ft
・ヘッドホン側コネクタ:
  Sennheiser HD650 HD600 HD580 HD25 DIY Pin Connector Gold Plated
  1組
・I/F側コネクタ:
  秋葉原で適当に購入(ヒロセテクニカルと言う店で)
  ステレオミニプラグ & 標準プラグへの変換コネクタ 各1つずつ
・はんだ:
  ケーブル類と一緒におまけで付いてきたやつ(正体不明)

導線とヘッドホン側のコネクタはebayで取り寄せました。

作業工程は↓から。

■作業手順

1.
ケーブルを4ftずつ4本にカット。(机の上が汚いとか言わない)
HD25_ケーブルカット1

2.
ケーブルの両端の被膜を5mmずつ位切り取って、ヘッドホン側のコネクタにそれぞれ1本ずつはんだ付け。
スペースが狭い上に、コネクタの絶縁体の部分が半田ごての熱で溶けやすいので注意。
これで右用、左用の二軸のケーブルの原型が出来る。
ちなみに赤いほうが右側で、黒いほうが左側。
HD25_コネクタ1

3.
ホット用のケーブルととグランド用のケーブルを捻り合わせる。
この作業の前に、ケーブルにどちらがホットでどちらがグランドかのマークをつけておくと後々便利。
ちなみにヘッドホン側のコネクタの接続部分が「太いほう」がグランド、「細いほう」がホットになってるみたい。
少なくとも付属のケーブルでは。
HD25_ケーブル巻1

4.
ステレオミニプラグにはんだ付け。
それぞれグランド用のケーブル、ホット用のケーブルを下の画像のようにはんだ付けする。
HD25_ケーブル巻1

5.
後は右と左二つのケーブルを適当なとこまで捻り合わせて、適当な位置で留めたら完成(仮)。
今回のは、ケーブルの途中の黒いところで留めている。
HD25_ケーブル完成1

とりあえずは使えるところまではこれで完成!
後は、ヘッドホンのコネクタ側のはんだ付け部分を補強したりなどなどすればより完璧。


■とりあえず使ってみた感想

ケーブルを変えたら音が変わるとかいうけど、なんか高音域が前に出てきて音が多少フラットになったような…?
あと全体的に音の粒が以前よりもハッキリとしてる様な…?
…まぁ多分プラシーボでしょう、多分。
もともとわりと馬鹿耳なせいもあるかもしれないですが、「明らかに音が変わった!」と自信を持って言えるほどの実感は無いです。
とりあえず断線も直って、ちょっと首の位置を変えたら音が出なくなると言うことも無くなり万々歳と言う感じですね。

ひとまず今回はこんな感じです。
次はギターの改造とかやってみたいなぁ…
スポンサーサイト

テーマ:DIY - ジャンル:趣味・実用


管理者にだけ表示を許可する
http://mortsoleil.blog.fc2.com/tb.php/16-1f9d0f88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 Le Mort Soleil all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。