ブラックメタル主体の独り同人サークルLe Mort Soleilのblog…なんだけど大部分は個人blog的な
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりに更新。
特に同人関係で書くことも無いので、適当にこの2012年上半期に新しく発売されたCDのなかで、
個人的にお気に入りのものをずらずらと書いていこうかなと。
同業者のCDをレビューするのは何か怖いので、同人CDはとりあえず今回は省く方向で()

続きは↓から
・Alcest - Les Voyages de l'Âme
Les Voyages de l'Âme
フランスのポスト/シューゲイザー・ブラックメタルバンドAlcestの3rdアルバム。
過去作に比べ更にブラックメタルからの乖離が進み、
全体的にハートフルで暖かい感触のする楽曲が並んでいる。
であるが、例えばtr.6 Faiseurs De Mondesのようなブラックメタル的な過激さを
包含するような楽曲もあったりと、過去2作を上手く統合したような内容になっている。
どの曲においてもノスタルジーを強く感じさせるという点において一貫されており、
眼を瞑ればNeige氏の思い描く世界が目の前に広がっていくような感覚がある。
音楽によってこれだけ世界を作り上げる事が出来るなんて、本当に素晴らしい才能だなぁ。
ただ難点を挙げると、アルバム全体が今までに比べると若干平坦な感じがし、
盛り上がり所に欠ける印象を受ける。
曲単体がそれぞれ高い完成度を誇っているので、そのあたりは許容範囲内であるが。

ひとまずtr.1 Autre TempsのPVをば


ちなみに9月のAlcestのライブは見に行く予定。
これ見に行かないと次いつ来日するか分からないし。


・Sigh - In Somniphobia
2012-07-13 18.27.59
国産アバンギャルド系ブラックメタルバンドSighの9thアルバム。
今回は前二作のようなド派手なホーンセクションを導入した
シンフォニック系のブラックメタルではなく、
Imaginary SonicscapeやGallows Galleryのようなサイケな面を前面に押し出した作風になっている。
今作は悪夢をテーマにすえているらしく、1曲目はストレート、2曲目で少し空気がおかしくなり、
そこからまただんだんと悪夢の中に潜っていき、7曲目で悪夢の最深部にたどり着き、
そこからまたアルバム最後にかけて現実世界に戻ってくるという構成になっているらしい。
実際tr.1 Purgatoriumとtr.7 Far Beneath the In-Betweenであると
同じアルバム内であるのに全くもって違う空気感をかもし出している。

基本的には全てメタルを基礎にした楽曲が並んでいるが、
どの楽曲においても何かしら別のジャンルの要素がちりばめられていて、
アバンギャルドメタルと称されるに相応しいものになっていると感じた。
これだけ様々な音楽ジャンルの知識を擁し、
更にそれを使いこなしてしまうとは、川嶋氏には感服せざるを得ない。
後このインタビューがわりと面白いよ!
http://naniwamtl.exblog.jp/15855818/

ひとまずtr.7 Far Beneath the In-BetweenのPVをば。
悪夢の底を覗いてみよう。


ついでに9月のAlcestのライブにゲスト出演するそうで、それも非常に楽しみ。

・Cataplexy - devangelight
devangelight
国産のメロディアスなプリミティブブラックメタルバンドCataplexyの2ndアルバム。
非常に真っ当なブラックメタルをやっているが、前作よりも全体にスピードを落とし、
独特の哀愁がふんだんに盛り込まれ、更に若干フレンチっぽさが出てきた感も無きにしも非ず。
今までどおりなかなか激しいブラックメタルをやっており、
そこにギターのトレモロによる哀愁たっぷりのメロディーが絡み付いてくる。
楽曲の構成もさることながら、何より全てにおいて「本当に日本人・・・なのか?」
という疑念さえ抱いてしまうような、本場顔負けの楽曲を書き連ねている。
ひとまずは1stからの成長に上手く成功した感が伺える。

ちなみにライブ見に行ってるときは大概Cataplexyのシャツ着てるよ!

・Screaming Savior(惊叫基督) - Infinity(宙海)
2012-07-13 18.28.56
中国のシンフォニックブラックメタルバンド惊叫基督ことScreaming Saviorの2ndアルバム。
2月にこのCDが出たという情報を得てからもう欲しくてたまらなかったのだが、
中国産ということでほとんど流通もされておらず途方にくれていたところ、
Twitterにて某botの中の人にebayにあると聴き、喜び勇んで購入した次第。
とりあえずBurningChinaは使えるお店。
アルバムの内容について一言で言うと「異臭騒ぎ」。
ブラックメタルだというのにもうクッさいのなんの、
もうクサメタラーにはたまらない出来であると思う。
イントロの一曲目が終わって、
二曲目に入った途端もうこれはガッツポーズを出さざるを得ないだろう!
前半には比較的シンフォニックブラック的な楽曲が並んでいるが、
後半に行くに従って今度はヴァイキングメタル的な要素も増えてくる。
まだまだ今後の成長に期待を感じさせるが、しかし現時点でも十分な完成度を誇っている。
いやはやホントに中国勢は侮れんよ。

何かBandcampの公式アカウントでこのアルバムがフリーDL可になってるみたいだから、
中身だけでも欲しい人がいたら落としてもいいかもしれない。
http://screamingsavior.bandcamp.com/

・Anuryzm - Worm's Eye View
Worm's Eye View
中東はUAEのプログレメタルバンドAnuryzmの1stアルバム。
その内容に中東的な雰囲気はあまり感じないが、
本場顔負け(本日2回目)の本格的なプログレメタルをやっている。
なんでもドラムにはex.Opeth, Amon Amarthのマーティン・ロペスが参加しているそうだ。
結構メタル好きなら幅広く受けそうな気がする。
とりあえずどこも文句の付け所が浮かばない内容だ。
楽曲はそれぞれ非常に緻密に構成されており、
各プレイヤーの演奏技術の高さがその緻密さを損なうことなく表現できているのではないかと感じる。
このバンドのように、思いもしない地域から思いもしない良バンドが出てくるとなかなか興奮する

バンドが公式でYouTubeに楽曲を公開しているので、とりあえず一聴してみる事をオススメする。



ひとまずこんな感じで6つほど。
後半に行くに従って、だんだんと体力が尽きていっている様が分かったと思います()
他にも「上半期に発売されたCD」に限定ぜず、この「上半期に購入したCD」となると、
スウェーデンのSiningだったりUnexpect、Devin Townsend Projectなどなど色々入ってくるけど。
しかし色々思い返すと、まだ欲しいCDがあんまり買えてないなぁと。
Circus MaximusとかIhsahn先生、Burzum、Diablo Swing Orchestra
などなど色々新譜出してるバンドはいるのだけど。
ひとまずお金が欲しい!(←まとめ
スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽


管理者にだけ表示を許可する
http://mortsoleil.blog.fc2.com/tb.php/3-9e82b3bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 Le Mort Soleil all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。